インプラント名医BANKインプラント入門義歯・ブリッジとの比較

インプラント入門

義歯・ブリッジとの比較

インプラントの登場以前、歯を失った場合の選択肢は義歯かブリッジのいずれかでした。今日でもこの二つの方法は広く行われていますが、インプラントと比較してどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれ簡単にまとめてみました。

  メリット デメリット
義歯
(入れ歯)
素材によっては保険が適用 噛む力が弱い、違和感、味覚が損なわれる、
発音に支障、他の歯に負担がかかる
ブリッジ 違和感が少ない、
素材によっては保険が適用
支えとなる両隣の歯を削らなければならない、
残存する歯が少ないと使用できない、
他の歯に負担がかかる
インプラント しっかり噛めて異物感がない、
見た目の仕上がりが自然、
1歯欠損から全歯欠損まで対応可能
健康保険の適用外、外科手術が必要、
治癒期間が長い、ある程度の骨量が必要

義歯(入れ歯)

インプラントは骨に埋める歯根部分であるフィクスチャー(単独でインプラントと言う場合もある)と歯茎の外に露出し歯を支える支台部分アバットメント、さらに上部構造である人工歯の3つから構成されます。フィクスチャーとアバットメントが一体型のインプラントもあります。一般に一般に「入れ歯」と呼ばれる技師には大きく分けて2つの種類があります。歯がすべてなくなってしまった場合に入れる義歯を「全部床義歯」あるいは「総義歯」と言い、歯の一部分を失った場合に入れる義歯を「部分床義歯」と言います。部分床義歯はクラスプと呼ばれる金属製のバネを他の歯にかけることで固定します。最近ではノンクラスプタイプの義歯も開発されていますが、こちらは保険適用外です。 保険適用の全部床義歯(上下)であれば3割負担で20,000円前後、とは言えインプラントやブリッジに比べるとどうしても使用感は劣ります。

ブリッジ

ブリッジは固定式のため、入れ歯に比べれば噛む力は強く違和感も少なくなります。ただし両側の歯を削り、連なった義歯を被せて固定するという方法は、健康な歯を犠牲にしているとも言えます。残存する歯が少なければ使用できません。 保険適用であれば、前歯の1歯欠損で3割負担20,000円前後になります。ただしブリッジには厳密な保険適用基準があり、あらゆるケースで保険が適用になるわけではありません。

ページの最初へ