インプラント名医BANKインプラント入門インプラントの検査

インプラント入門

インプラントの検査

一般的なインプラントの検査項目は血液検査、口腔内検査、レントゲン検査、CT検査の3種類です。クリニックによってはCT検査を省くところもありますが、手術のリスクを最小限に抑え、より成功の度合いを高めるためには入念な検査が不可欠です。

血液検査

糖尿病や高血圧症などの全身疾患は、重度の場合インプラント手術のリスクファクターとなりえます。感染症などを含めインプラントに差し障りのある疾患が見つかれば、そちらの治療を優先させます。

口腔内検査

虫歯や歯周病の有無をチェックし、もし見つかれば治療します。歯周病が進行するとせっかく入れたインプラントも抜け落ちてしまう可能性があります。

レントゲン検査

インプラントの挿入には骨に十分な高さと厚みがあることが必須条件となります。顎の骨の状態を把握しないことにはインプラント治療に取り掛かることはできません。レントゲン検査で顎の骨と歯の平面的な形状が確認できます。

CT検査

多方面からX線を照射し、コンピュータで画像解析することで顎の骨や神経の位置関係を3次元的に割り出します。レントゲン検査では撮ることのできない水平方向の断層画像の撮影が可能です。CT検査のデータを元にシミュレーションを行うことで、手術でのリスクを大幅に軽減できます。

ページの最初へ