インプラント名医BANKインプラント入門インプラントのメンテナンス

インプラント入門

インプラントのメンテナンス

インプラントは天然の歯ではないため虫歯ができることはありませんが、歯周病(インプラント歯周炎)や骨吸収によりインプラントが抜け落ちてしまう可能性はあります。固定式であるため取り外しての清掃は必要ありませんが、天然歯と同じように日々のブラッシングは欠かせません。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎はインプラントの歯周病です。適切なケアを施さなければ歯周病細菌はインプラントに取り付いて歯石化し、どんどん増殖していきます。やがてはインプラントと結合した骨を吸収し、最悪の場合インプラントは抜け落ちてしまいます。そうなる前に歯石の除去など適切な治療を行うことが必要ですが、それ以前にブラッシングなど毎日のプラークコントロールが重要です。

噛み合わせ

インプラント治療時に噛み合わせのチェックは行いますが、時間とともに噛み合わせの状態は変化します。余分な力がかかればインプラントや天然の歯にも悪影響を及ぼします。定期的に噛み合わせのチェックを行い、修正していくことでインプラントをより長持ちさせることができます。

ページの最初へ