インプラント名医BANKインプラント入門インプラント治療の流れ

インプラント入門

インプラント治療の流れ

カウンセリングと検査を経て実際の治療に入ります。 インプラント治療には3つの段階があります。まずインプラント本体に当るフィクスチャーの埋入、次に上部構造を固定するアバットメントの連結、最後に上部構造である人工歯を装着して完了です。この過程には1回法と2回法の二通りの術式があります。インプラントは埋入後、骨と結合するまで非荷重治癒期間を必要としますが、この間埋め込んだインプラントを口腔内で露出させておくのが1回法、上から歯肉を縫合していったん埋没させるのが2回法です。2回法は非荷重治癒期間中の患部への負荷を軽減し、感染リスクを最小限に抑えます。

インプラント治療の流れ

フィクスチャー埋入

麻酔を施して歯肉を剥離し、その下の顎骨にドリルで孔を開けてフィクスチャーを埋入します(1次手術)。骨の状態に不安がある場合はオッセオインテグレーションを阻害しないよう2回法を選択したほうがいいでしょう。通常抜糸後(1~2週間後)に仮歯を付けます。骨とインプラントの結合には下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月程度の時間が必要とされます。

アバットメント連結

インプラントと骨の結合が確認できたら、今度は人工歯の支台となるアバットメントを固定します。1回法の場合そのままアバットメントを取り付けることができます(はじめから一体型のインプラントを用いることもある)が、2回法では歯肉の切開手術が必要です(2次手術)。

人工歯の型取り・装着

歯肉の切開跡が治ったら人工歯の型を取ります。素材や形、色を決め、噛み合わせをチェックします。実際に装着して調整を行い、問題箇所がないと判断できれば完成です。

周囲の歯に負担をかけない

きちんと噛めるのでほかの歯に余分な負担を与えません。また部分入れ歯やブリッジと比べて装着の面で周囲の歯に依存することがありません。

ページの最初へ