インプラント名医BANKインプラント入門インプラントと再生医療

インプラント入門

インプラントと再生医療

インプラントを成功させるためにはインプラントを埋め込む箇所に十分な骨の幅と厚みが必要です。歯が抜けてから長い期間が経っている場合や、歯周病が原因で歯を失ったケースでは歯がやせ衰えてしまっていることがしばしばあります。そのままの状態でインプラントの埋入が困難であれば、骨の再建手術という手段がとられます。

GBR

GBRとはGuided Bone Regenerationの略です。骨再生誘導法とも言い、歯肉と骨の間に膜を張りスペースを作ってやることで骨の再生を誘導します。歯肉のほうが骨組織よりも再生スピードが速いため、このように物理的に歯肉をブロックしないと骨が再生する余裕がなくなってしまうのです。 通常インプラント前に治療を行いますが、必要とされる骨の量がそれほど多くなければ、インプラントの埋入と同時にGBRを行うことができます。おおよそ6ヶ月で骨は再生されるので、膜を除去すれば完了です。

上顎洞底挙上術

左右の上顎の、臼歯の位置の上には上顎洞(サイナス)と呼ばれる空洞が存在しています。インプラントを埋入する際、骨の厚みが十分あれば問題ありませんが、これが不足するとインプラントが骨を突き抜けて上顎洞に達してしまいます。これではオッセオインテグレーションが十分に起きず、インプラントの固定も不安定なままです。

この問題を解決するために、上顎洞の底にある上顎洞粘膜(シュナイダー粘膜)を押し上げてそのスペースに骨を形成するサイナスリフトやソケットリフトという処置が行われます。

【サイナスリフト】
まず上顎臼歯部の外側より上顎洞側壁を切開し、シュナイダー粘膜を剥離し持ち上げます。その下のスペースに自家骨やβ-TCPなどの補填材を入れて骨を生成、厚みを確保しようというのがサイナスリフトの考え方です。大幅に骨の厚みを増すことができ、初めからある程度の厚みがあればインプラントの埋入と同時に行うことも可能です。骨の形成には6ヶ月から12ヶ月程度かかります。

【ソケットリフト】
ソケットリフトは上顎骨の厚みが5㎜程度以上残っているケースで選択されます。まずインプラントを埋入するための孔を開け、そこからオステオトームという器具で上顎洞底を押し上げ、そのスペースに骨の材料となる自家骨やβ-TCPなどの補填材を詰めてインプラントを埋め込みます。サイナスリフトに比べれば身体的な負担が軽く済むのが利点です。

PRP

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略で多血小板血漿のことです。血小板を高濃度に濃縮した血漿で、血小板の成長因子を大量に含み、優れた治癒作用を持ちます。インプラント手術や骨の再建手術に使用することで患部の治癒や骨の生成を促進します。 PRPは患者本人の血液から採取し調合するため、拒否反応やアレルギーの心配はありません。

ページの最初へ