インプラント名医BANKインプラント入門インプラントの仕組み

インプラント入門

インプラントの仕組み

人の歯は永久歯を失った後に再び生えてくることはありません。永久歯を失った場合ブリッジや義歯という選択肢もありますが、これらは顎の骨とつながっているわけではなく安定性に欠けます。インプラントは顎の骨に埋入され、骨と一体化(オッセオインテグレーション)することでしっかりとした土台を築きます。その上に人工歯を装着するため、自分の歯のように噛めて見た目も自然です。

インプラントの構造

インプラントは骨に埋める歯根部分であるフィクスチャー(単独でインプラントと言う場合もある)と歯茎の外に露出し歯を支える支台部分アバットメント、さらに上部構造である人工歯の3つから構成されます。フィクスチャーとアバットメントが一体型のインプラントもあります。

インプラントの素材

インプラントの素材はチタン(純チタン、チタン合金)が主流です。チタンは生体適合性があるため拒否反応を起こすことはめったになく、顎の骨と結合し一体化します。骨との一体化すなわちオッセオインテグレーションが起きれば、歯周病などで土台となる骨が溶けてしまわない限り半永久的に歯を支え続けることが可能です。人工歯は審美性や実用性の必要に応じてレジンやセラミックなどが用いられます。

ページの最初へ