インプラント名医BANKインプラント入門早期負荷・即時負荷インプラント

インプラント入門

早期負荷・即時負荷インプラント

インプラント治療の成否はいかにオッセオインテグレーション――骨との一体化を獲得するかにかかっています。そのため従来のインプラント治療では、オッセオインテグレーションに必要な3~6ヶ月の間はインプラントに負荷をかけてはならないとされていました(非荷重治癒期間)。

近年フィクスチャー表面を加工することでオッセオインテグレーションが強化されることが確認されており、インプラントの種類によっては2ヶ月未満での早期の人工歯装着が可能です。早期負荷インプラントの実現は患者の負担を大いに軽減し、現在では多くのクリニックが導入しています。十分な骨量と骨質、強固な初期固定が認められれば、48時間以内に仮歯を入れる即時負荷インプラントも可能です。

オステルによる測定

早期負荷・即時負荷いずれも固定の状態を的確に測ることが大切です。従来はX線による画像検査で確認をしていましたが、厳密な測定には限界がありました。現在はオステルという共振周波数測定器を用いることでインプラントの安定性や骨形成の変化について精密な情報を得られるようになり、早期負荷・即時負荷インプラントの成功率は通常のインプラントと遜色のないレベルにまで引き上げられています。

ページの最初へ