インプラント名医BANKインプラント入門インフォームド・セコンド

インプラント入門

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセントという言葉は一般に「説明と同意」という日本語で説明されます。インプラントは決してリスクのない手術ではありません。術部の周囲には動脈もあれば神経も通っています。大量の出血や麻痺など医療事故が起こる可能性もゼロではありません。だからこそ手術に伴うリスクと予想される経過および結果については十分に説明して同意を得る。これは医師の義務です。いくら患者本人がインプラントを希望し綿密な下調べをしていたとしても、検査を通して初めてわかることもあります。

インプラントの手術に先立ち必ず検査とカウンセリングが行われます。ここで患者の状態や希望に基づき治療の方針が決定します。疑問があれば迷わずぶつけましょう。患者にとっても同意するためには十分な理解が必要です。医師が説明の羅列で同意を迫ることはもってのほかですが、患者の側にも積極的に参加する意思がなくてはインフォームド・コンセントは成り立ちません。

ほかの選択肢も含めて、決めるのは患者自身です。インフォームド・コンセントの目的は患者自身がよりよい治療を主体的に選ぶことであり、一方的な「説明と同意」ではありえません。そのためにはセカンド・オピニオン(別の医師の意見)が必要になる場合もあるでしょう。

一般的にカウンセリングやインフォームド・コンセントが充実したクリニックであるほど術後の満足度も高くなる傾向があります。

ページの最初へ